組織改革のために一致団結!業務効率化にもつながる

社員のストレスを把握する

パソコンを操作する男性

社員のストレス状態を把握し、その対策を行うことは会社における社員管理の中で重要な要素となってきている。社員にストレスが溜まり長期に渡り休むという事態になった場合、業務に支障が出る可能性が有る。また、育成した人材がストレスにより退職に追い込まれてしまった場合には、企業にとっても損害となる。このようなことから、社員のストレスチェックを行うことへの必要性が高くなっており、活用する企業も多くなっている。社員に対するストレスチェックを行いストレス状況を把握できれば、業務量を調整することや休暇を取り易い環境とするなどの対策ができるようになる。それにより、休職や離職のリスクを軽減していくことができるメリットがある。ストレスチェックについては、通常はアンケート形式などで行われることが多い。一定のアンケートに沿って回答していくことで、どの程度のストレス状態であるかを把握できるようになっている。これらは、専門の業者によりサービス提供されていることがあるが、無料で利用できるストレスチェックなどもある。業者によるサービスでは、チェック結果を分析し、それらの分析結果に応じた対応策などのサポートをしてもらうことができる。ストレス対策については、専門的な知識が必要なこともあり、社内でそれらに対応できる人材がいないことも多い。その為、業者を活用し対策面を含めてサポートしてもらうことで、より効果を上げることができる。