組織改革のために一致団結!業務効率化にもつながる

海外で会社を設立した場合

オフィス

注意すべきは税金

日本にしても海外にしても、ほとんどの国においては会社を設立し、そこから何らかの収益を得た場合にはその国の法律に則って税金を納めなければいけません。税金を納めるのを怠ると課徴金が掛かって無駄なお金を支払わされることになります。一方で税金を納めるためには会計が基準に則ったものである必要があります。会計の基準はその国や地域によって微妙に異なってくるため、海外進出した際にはその国の会計基準を把握する必要があります。また会計基準を守るためにもその国や地域に精通した会計士を雇う必要があります。日本から海外に進出した際に、会社設立がしやすいのが香港です。香港は日本からも近く、また外資の受け入れにも積極的で、一方で税率も低いので海外での会社設立には適した地域です。このため香港での会社設立をサポートしてくれる業者も多く存在します。また香港での会社設立をサポートする業者の多くは会計も行っているので、開業後の会計サポートも受けることが可能です。会計には現地の資格を持った会計士が付くほか、直接のサポートをしてくれるのは日本語が堪能なスタッフか、日本人が行ってくれます。このため香港での言葉がわからなくても会社設立から会社設立後のさまざまなサポートを受けることができます。また会計が適切に行われることで、支払うべき税金を正確に知ることが可能ですし、また節税するための方策も知ることができるので、会社の収益率を高めるという意味でも有意義です。